開催終了新橋【人狼初めてさん・初心者さん向け】5/28(火)19時「おきらく人狼」開催日時2019年05月28日 (19時)開催場所東京都 (新橋)5/28(火)の19時から新橋(人狼亭)にて人狼未経験者さん・初心者さんのための「おきらく人狼」を開催いたします! 参加ご希望の方は参加ボタンを押していただいたのち、コメント・メッセージにてお知らせください。 そちらにお返事をさせていただいたところで、ご予約の受付とさせていただきたいです。 参加ボタン無しで直接にメッセージを送っていただいてのご予約も承ります。

明治17年(1884)に田中智学によって創められた国柱会は、坪内逍遥・高山樗牛・姉崎正治・植中直斎・北原白秋・宮沢賢治・石原莞爾・牧口常三郎・武見太郎らに影響を与えたことで知られる、純正日蓮主義を標榜し活動した在家仏教教団です。現在、東京都江戸川区にある国柱会は、創立当初、静岡県の三保松原最勝閣に本部がありましたが、大正5年(1916)に帝都活動の道場として東京に建てられたのが国柱会館でした。実は、国柱会館は supreme week1 、当山(要傳寺)と言問通りを挟んだ向かい側に所在していたことが知られているのですが、昭和20年(1945)の東京大空襲で焼失したこともあってか、その正確な位置については詳らかでない部分がありましたこのたび、新たな史料が確認されましたので、ご報告いたします史料の1点目は、昭和10年(1935)版の『地籍簿』(『復刻版 東京地籍図』台東区編、不二出版、2011年)で、これには supreme 8 、国柱会の出版部局にあたる「株式会社 天業民報社」の名がみえ、その住所が「下谷区上桜木町」(正しくは「下谷区上野桜木町」)であることが読み取れます2点目は、同じ昭和10年11月作図になる『下谷区火災保険地図』で、その「下谷区32」には、「天業民報社」の建物の構造を輪郭で示した図面が確認されます。 supreme lacoste